洗顔と保湿で運も開ける

鏡を覗いてチェック、顔は毎日微妙に変化しています。
額・目・鼻・頬・口・顎、時間がある時は、舌・耳・首のあたりも観察してみましょう。
一説によれば、「いい顔・かわいい顔」がそこにあれば「運も開けてくる」そうです。
入れることよりも“出す”が先。
スキンケアといえば、「栄養を入れる」というイメージが頭に浮かぶのではないでしょうか。
しかし、スキンケアはまず洗顔、水で日々洗顔しているだけでもアンチエイジング効果が期待できます。
美容の分野ではあまり使われることのなかった「排泄」という言葉ですが、皮膚は入れることより出すことの方が本来得意です。 「入れることよりも“出す”が先」、汚れやメーク、汗や過酸化脂質などを負担なく洗い流すことで排泄作用は促されますが、比例して、細胞代謝も活発になっていきます。
では何を使って洗顔するか・・・。
強い界面活性剤は刺激も強く、大切な脂質をとり過ぎて乾燥肌を招いたり、バリアゾーンを傷つけてしまう場合もあります。
これは過敏肌の原因にもなりますが、考えてみれば洗顔は毎日のこと、洗顔剤はそれらを十分に考慮して選ぶことが大切です。
おすすめはアミノ酸を主原料とした洗顔剤。
アミノ酸をタップリ使い、酵素の分解作用も応用して、必要な養分を補いながらやさしく洗顔することができます。
白くなった実感。
乾燥=老化、洗顔の後は十分な保湿を心がけましょう。
保湿エッセンス で十分に手当てを施せば、皮膚に透明感が甦ります。
皮膚を清潔にしてしっとり感を保つ。
マクロファージ細胞の働きを、健全に維持するように努めましょう。
免疫と深く関わるマクロファージ細胞ですが、これは体内ばかりではなく皮膚にもあります。 マクロファージ細胞の主な働きは異物を見つけ除去することですが、 日焼けのダメージ、ニキビ、吹き出物、シミ、クスミ、シワ、乾燥肌、過敏肌などを改善する際の、「自然回復力や自然治癒力」にも深く関与しています。
ヴィファーム
レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介