米ぬかアラビノキシラン(MGN-3/BioBran)

米ぬかアラビノキシラン(MGN-3/BioBran)はin vitroおよびin vivoにおいて神経芽細胞腫に対するNK細胞の細胞傷害性を高める
レンチンコップの主成分米ぬかアラビノキシラン(MGN-3/BioBran)は米ぬかから抽出した水溶性植物繊維ですが、主な活性物質はアラビノース、キシロース、ガラクトース、グルコースで、アラビノキシラン、アラビノガラクタン、グルカン、アラビナンなどの多糖を含んでいます。
米ぬかアラビノキシランの研究は、UCLA/DREW UNIVERSITY、CAMBRIDGE UNIVERSITY、GRONINGEN UNIVERSITY、MCMASTER UNIVERSITY、日本国内では京都大学、川崎医科大学、富山医科薬科大学、九州大学、自治医科大学、名古屋大学、神戸女子大学、千葉大学、日本大学、東京医科歯科大学、東京女子医科大学、東京農工大等でおこなわれてきましたが、2015年1月号「Cytotherapy」では、独テュービンゲン大学を中心とした研究グループの論文が新たに発表されました。
結果報告では、「神経芽細胞腫治療における今後のNK細胞治療戦略において有用であると考えられる」とされています。
レンチンコップ コンパニオンレンチンコップ(伴侶動物用)
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介