進さんの笑顔

進さんのお住まいを訪ねさせていただきました。
宮崎県児湯郡川南町、昨年は口蹄疫で大きな被害がもたらされた地域ですが、今は緑が広がって、季節の風と一緒に草を刈った後のなんともいえない香りが車の窓から飛び込んできました。

「こんにちは~!」
進さんとお母さんの明るい笑顔、しばらく雑談をして、ゆっくり牛舎を見学させていただきました。整理整頓がしっかりされている、きれい、臭いが無い。
「まだこれからですがもうすぐ子牛が生まれるんですよ、この牛はね・・・、あの牛はね・・」
牛の性格のこと、状態のこと、進さんは丁寧に一頭ずつ説明してくださいました。
「牛たちが飲んでいる水はこの水なんですよ。魚の色も綺麗だと思いませんか。」
確かに。
良い牛を育てる方は水のことを必ずといっていいくらいお話されます。
水が良質、そして掃除がしっかりされている、これらも例外なく共通していることです。

「口蹄疫の時もできることは何でもやって、家族みんなで最後まで頑張りました。 口蹄疫の牛は1頭もでなかったけど、つらかった、でも、家族みんなで頑張り続けたことは今でも私たちの誇りです。」
やるせなさも悔しさもたくさんあったことでしょうね・・、
すべて分るとはいえませんが、その時の気持ちはそれなりに理解できます。
「父は典型的な早寝早起きの人、丹精を込めて、ずっと変わらず同じやり方をしてきました。それが今の私の手本であり、やる気の源になっています。これからですけど。」
私にも娘がいます。お父さんはその場にはいらっしゃらなかったけど、この言葉を聞かれたらたまらないでしょうね。これから立ち上がろうとする時、本当にうれしいと思います。

秋の風が吹き始めると赤とんぼがいっぱい飛ぶこと、山々からもたらされる自然の恵みのこと、これからの取り組みのこと、用意していただいた木のベンチに座って進さんのお話をいろいろ伺いました。
「他の仕事も畜産も同じだと思うんですよ。助成や保障もありがたいですが、少々負担やリスクがあったとしても、自助努力すること、まずはそれが大切ですよね。 私たち自身がこの仕事で食べて、この仕事で生活をしていくわけですから。まず自分がしっかり学ばないと、工夫しないと、そして頑張らないといけないですよね。」
心に響きますね。国がやっているわけでも県がやっているわけでもない、自らの幸せのために、それぞれがそれぞれの道を選び歩んでいます。私もそう思います。

進さんは繁殖に携われていますが、子牛は生まれてから約8ヶ月間育てますので、愛情も根気も技術も必要です。
子牛が弱っている時に10g程度/3~7日・・
母牛にダメージがある時に10g程度/3~7日・・
体調を崩した時に10g/3~7日・・
使用法を再度ケースバイケースでお伝えしました。
牛は強いので個体レベルで対応しますが、レンチンコップ免疫応答添加飼料の与え方も基本的には簡単です。使用頻度も数回程度なので、もたらされる効果作用の割には経済的にも負担は軽くて済みます。 また、レンチンコップ免疫応答添加飼料を何かの時に使っても安心・安全、薬と違って、増体率が落ちないのも大きな特徴の一つです。

ありがとうございます。
身体の芯の疲れのようなものがとれた感じがしました。
現場で頑張ってくださっている方々のおかげで、もうすぐ東京農工大の共同研究成果も発表されます。心に届いた進さんの覚悟、そしてぬくもり、私も大切にして歩みます。
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介