ふと気づけば熱中症

熱中症とは高温多湿の状況で、体温調整ができなくなって発症する障害です。
ご年配の方は体温調整機能が低下ぎみ、小さなお子様は未発達、一般の大人も油断は禁物で、疲れが溜まっていると自律神経のバランスが保ちにくくなって発症しやすくなります。
熱中症には、熱疲労、熱射病、熱けいれん、熱失神などがありますが、ふと気づけば熱中症ということもよくありますので注意しましょう。
倦怠感、虚脱感、悪感、低血圧、めまい、立ちくらみ、貧血症状、大量の発汗、筋肉痛、吐き気、嘔吐、頭痛、異常な言動や行動、運動障害、意識障害、高体温、失神など、症状は様々です。
意識的に小刻みに水分を摂取することはいうまでもありませんが、スポーツドリンクなどは2~3倍薄めて飲むと喉の渇きも緩和できます。
夜、眠っている時に熱中症ということもありますので、睡眠をとる前にはコップ1杯程度の水を飲むように心がけましょう。
頑張っても熱中症は予防できないので、睡眠を十分にとる、ちょっと横になるなどして、身体にゆとりを与えてください。
栄養を十分に摂取することも大切です。つい甘いものばかりを食べ過ぎてしまいますし、夏は塩分を取れば良いという安易な誤解も多いようです 。重要なのはバランス、甘いものもストレスを和らげてくれますし、塩分も不足気味になることは確かですが、しかし、これに偏ってしまうと、かえって不調を招く原因になります。
サプリメントを上手に使ってください。疲れている時も比較的簡単に栄養を摂取することもできますし、内臓をおもいやることにもつながります。
バイタルパワーVIGA
1~2包/日、豊富なアミノ酸とミネラル、自律神経の働きを補い、造血・浄血に関与しながら代謝を促して、低下しがちな体力を維持しやすくします。
レンチンコップ
1~2包/日、穀類の特性を活かしているのでエネルギーを保持しやすいという特徴があります。ナノレベルで吸収しやすく、ビタミンB群も豊富なので速やかに疲れを癒します。
車の運転に例えれば、アクセルとブレーキ、アクセルは簡単ですがブレーキにはテクニックが求められます。 うちわや扇風機で頭や顔などに風を与えることは効果的です。
特に交感神経が興奮している時などは、体温が上昇しやすく、また、上昇していても気づきにくいので常日頃から心がけることが賢明です。
節電は大切ですが、しかし、暑い時には28℃の設定温度に捕らわれ過ぎないようにしてください。 疲れが溜まっていると、温度の変化に対して鈍感になっている場合があり、28℃と思っていたら自分のいる場所は32~33℃だった、なんてこともよくあります。
水分をこまめに摂取して脱水症にならないようにしましょう。
無風にならないように気をつけて、体温の上昇に気をつけましょう。
意識の無い時には水を無理やり飲ませないでください、危険です。
救急車を急いで呼んでください。そして、ペットボトルに水を入れて、わきの下、ももの付け根あたり、首、頭などを冷やしてあげてください。
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介