中国、このたびは天津 2010年3月21~23日

羽田発で北京へ、これは楽ですね。
北京に着くと趙さんと息子さんが出迎えてくださり、私は片言の中国語で挨拶。
福岡発の便で宮崎から月野さんご家族がみえるのですが、2時間ばかり時間があったので、趙さん、息子さんといろいろお話をさせていただきました。
中国語、英語、筆談、なんでも有り、心を通わせようとする気持ちがあれば、
けっこう分かり合えるから不思議です。 趙さんとは同い年、嫁さんの年齢もこれまた同じ、結婚した年も一緒となるとこれは偶然とはいえない\(^o^)/
そんなことで初対面から朗らかなリラックスムード、趙さんは天津雑技団の団長さんでした。

その内に月野さんのご家族も北京に着かれ天津へ、車で高速道路を走り約2時間、
無事到着。「今日はもう遅いので自宅で食事を」、ということでいろいろご馳走になりましたが、中国にしかないという野菜の炒めもの、その野菜の酢の物、中華まん、 天津風ソーセージや煮込んだ豆腐、とても珍しく、おいしくいただきました。

翌日は早速天津視察。 天津は中華人民共和国北部にある中央直轄市。
北京と天津は高速鉄道(京津城際鉄道)でも結ばれています。
2010年、天津は国家5大中心都市の一つに 規定され、市区人口は506万人、
都市圏人口は720万人、大きいですね。

3月の平均最高気温は11.7℃、平均最低気温は は1.3℃。少し肌寒い街の中を、
最近リニューアルされた水色のタクシーがたくさん走っていました。
この日は黄砂がすごくて、景色もボヤッとして いて黄色く見える。
古い街並みもあれば、近代建築の高層ビルもある。 路地には骨董市もあれば、
高級デパートには 数千万円の翡翠や金の芸術品もある。
ここのところ中国に出向くことが多いのですが、 いつも何かに驚いている気がします。

様々なブランド店もたくさんありました。
ティファニー、ベルサーチ、グッチ、ブルガリ、ディオール、その他、
な~んでもあって、価格も日本とほとんど変わらない。

歩行者天国といった感じの中心街も歩いて見ましたが、丁寧に掃除されていてとてもきれい。 いつも日本で見ているお店もたくさん目に飛び込んできました。
その通りを抜けると伊勢丹デパートがあって、デパートの中では写真が撮れないのでお見せできず 残念ですが、ディスプレイや臭いまで、日本とほぼ同じ感じでした。
(とても美しい教会もあってちょっとびっくり)


夜は趙さん月野さんのご家族と一緒に、中国のしゃぶしゃぶ風鍋をご馳走になりました。 この鍋のタレは自分で作るのですが、食べたことのない食材もたくさんあって、トッピングがなかなかおもしろい。どうかな・・と思って食べてみると・・なかなか美味!!
趙さんのお母さんのとなりに座らせていただきましたが、笑顔とフィーリングで会話(~o~)
気さくで楽しいお母さん。(なんと趙さんのお母さんも私の母と同い年)


マクロファージシリーズについてもいろいろお話を伺いました。
趙さんの奥様は、中国国際航空「AIR CHINA」のアテンダントの方々を指導されていた方であり、以前からスキンケアをご愛用いただき、とても気に入っていただいています。

中国北部のことを考えれば、クリームタイプのものもあった方がいいのでは・・
店頭に並べるなら、いろいろ観れるようにチョイスできるようにして楽しめた方がいい・・
高級スキンケアであっても、実証力があって付加価値性の高いものであるなら、
今の中国では好まれ支持されると思う。
少子化政策があって、経済的にはゆとりがでてきている・・
これだけの価値があればただ高いとは思わない。安いものも扱うなら、
おもいっきり安くて利便性や必然性のあるものであればいいかも・・
健康や若さについての願望は日に日に高まっている。
今からの中国では、それを満たすものが注目を浴びる・・
デザインは極めて重要・・

その他いろいろなアドバイスをいただきましたが、実に的確で鋭い、そう感じました。
(ありがとうございます、いろいろ工夫して具現化を促していきますね)
いくつかマクロファージ湯崗子シリーズのサンプルを 準備していたので、
それを後輩の方々に配っていただくことになりました。
(どんな反応があるか・・・、楽しみにしています)
趙さんの生演奏も聞かせていただきました。
自宅に戻ってパジャマ姿でのライブ、映像で紹介できず残念ですが(^_^;)
気配りにも感動、本当にすばらしい。
(趙さんは五本指で奏でる中国三味線では、超有名な方でもあります)

最終日には市場にも出かけてみました。
豊富な果物や野菜が並んでいてとても衛生的。


毒入り餃子事件などがあって、正直、中国の食材は危ないといったイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実際を見てみるとかなり違っているような・・、
安心・安全の要求は、今では全世界共通であることがよく分ります。
(スーパーマーケットも広くてきれい、とても便利で、品物も多種多様に揃っていました)

滞在期間としては3日間という短いものでしたが、おかげさまでとても有意義な時間を過ごすことができました。 あたたかい思いやりやおもてなしの心。
それを感じることで元気をいただき、新たな道を開くエネルギーもたくさんいただくことができました。
趙さん、ありがとうございます。 次に会える機会を楽しみにしています。

月野さん、ありがとうございます。 このご縁を大切に育みたいと思っています。
ヴィファーム
レンチンコップ
動物用レンチンコップ
化粧品OEM・ODM
開発実績一覧
血液検査とホリスティックライフ
ビューティープログラム
動物補完代替医療協会SCAMA
店舗紹介